Hare no hi

Statment

晴れの日とは、日常と非日常の節目を示す概念です。
例えば、正月やお祭り、子供が生まれた時などもそれにあたります。

長い雨が続いたあと、光が差した時の事。
 

日常の830枚の写真のネガで再構成され形作られています。
日本の伝統的なサイクルを意味しています。

​Kiiro

Hare no hi

Caption

Hare no hi_01

Pigment Print

Edition

Small  |  5

Midi   |  5

Large  |  5

Print Size

Small  |  380 × 380 mm

Midi   |  600 × 600 mm

Large  |  1030 × 1030 mm

Price

Small

Print Only    |  JPY 200,000 (before tax)

Midi

Print Only    |  JPY 300,000 (before tax)

Large

Print Only    |  JPY 400,000 (before tax)

冊子アクセント、修正2.jpg

オリジナルプリントのご購入をご希望の方、また作品についてのご質問等は下記のメールアドレスからご連絡ください。

kiirofoto@gmail.com

プロフィール

名前:Kiiro     |     国:日本     |     職業:美術写真家


1978年神奈川県出身・東京都 聖蹟桜ヶ丘在住。Kiiroは花をモチーフにした自然な作品を自由に表現し、巧みな絵画技法を駆使しています。特にコスモスの花は、10年以上続く彼の芸術の焦点となっています。 Kiiroの各シリーズは、秩序、調和、進化という彼のテーマに新しい角度を提供します。これは、コスモスの花言葉である独自の定義です。彼の作品に染み込んだ油絵風の特質は、国内外のアートコレクターを魅了し、鑑賞者を魅了し続けています。Kiiroは、アートフェア東京、fotofever(パリ)、デグフォトビエンナーレ、La Gacilly(ブルターニュ)をはじめ、国内外に作品に出展しています。賞には、実験的作品(フランス)などに対する国際美術写真賞審査員賞が含まれます。

kiiro_hare1